そして,新聞に!

 タイトルの意味は?と思われた方もいるかと思います。

これは,本校の重点目標の1つに,将来の夢や希望をもつことができる

子どもの育成があります。

 この目標を達成するために,日々,先生方と子どもたちは力を合わせ,様々な活動に取り組んでいるわけです。

 そして,6月30日,生徒会が中心となり,メニメニSKDの取組を行いました。

 

 今回は,3年生の総合的な学習の時間を使い,コミュニティー・スクールの機能を活かし,旭川大学の教職を目指す学生に進路学習の授業をお願いしました。

 舘山先生に指導案を見てもらい,旭大の学生がチームになり,授業をしてくれました。

 その様子が,昨日の北海道新聞に載りました。本校の生徒のインタビューも記事になり,素晴らしいコメントが新聞に載っていました。

 うれしいことです。

新型コロナの関係で,大変な思いをしている子どもたちに将来の夢や希望をもつことができるような取組を地域の皆様とともに進めていきたいと思います。

 

 さて,タイトルの意味が分かりましたか?

 

kyokudasi.jpg