教育目標・校訓

トップページ > 教育目標・校訓

学校経営方針

本校の沿革史(抄)

昭和22.5 北海道上川郡永山村立永山中学校として開校
             (永山小学校に併置される)8学級 357名
          (1年178名、2年133名,3年46名)
 23.4 青年学校校舎を増築し一部移転
 25.  9  新校舎完成、翌月全生徒新校舎に移転(615名)
 26.2 新校舎落成記念式典挙行(校歌・校旗制定)
 28.4 PTAより学校林寄贈,植林開始(当麻町伊香牛)
 29.11 町制施行により永山町立永山中学校と改称
 32.9 開校10周年記念式典挙行 吹奏楽部結成
 36.4 旭川市との合併により旭川市立永山中学校と改称
 36.11    新校舎完成し全生徒移転・新校舎落成式挙行
 40.6 PTA施設委員会の奉仕により前庭、築山造成
 40.7 永山地区学校プール竣工(循環式)
 42.9 開校20周年記念式典及び祝賀会挙行
 43.3 同窓会発足
 45.  1 科学クラブ第13回日本学生科学賞全国2位受賞(2年連続)
 47.4 養護学級設置(1学級)                
 52.9 開校30周年記念式典・祝賀会挙行
 55.3 養護学級閉鎖
 56.4 プレハブ教室(2教室)増築 33学級 
     1, 384名開校以来の大規模校となる
 57.4 旭川市立永山南中学校と分離する
 59.11    体力つくり研究 全道最優秀校として表彰を受ける
 60.11 体力つくり研究実践に対して、日本学校体育
     研究連合会・文部省より全国表彰を受賞
 60.10 吹奏楽部全国大会初出場にて金賞受賞
 61. 4 北海道教育実践表彰を受ける
 61.10 吹奏楽部全国大会にて銀賞受賞
 63.11 タイムス社会善行賞受賞(おむつ作り等)
平成2.6 旭川市開基100年記念植樹(本校前庭)
  3. 3  全教室TV・VTR設置完了
  3. 8  全国中学校柔道大会 3位(軽量級・56kg級)
  6. 4  校舎全面改築決定(7年度着工),CP2台設置
  6. 8  全国中学校柔道大会 個人3位
  7. 4  新1年生から制服変更(ブレザー型)
  8. 7  新校舎落成、引っ越し,PC40台設置
  8. 8  全国中学校柔道大会 男子団体ベスト8 女子個人3位
  8. 8  全国中学校柔道大会 女子個人3位
     全国女子柔道体重別選手権優勝(同)
  9. 9    新体育館落成・開校50周年、
     校舎改築落成記念式典・祝賀会挙行
 10. 6 グランド工事着工(10月完成予定)
 11. 8 全国中学校柔道大会 個人2位  (12年も出場)
 15. 2   青少年赤十字活動絵画コンクール最優秀加盟校賞受賞
 16. 8 全国PTA大雪圏大会特2分科会実行委員会主管
 18. 8   マルチャン杯全国柔道大会出場(12年・13年も出場)
 19. 8 全国中学校柔道大会 男子団体出場
 19. 8 全国中学校水泳大会 男子400m個人メドレー出場
 20. 8 全国中学校陸上大会4種競技 第3位(北海道新記録)
 20. 8 全国中学校柔道大会 男女団体出場 男女個人出場
 21. 8 全国中学校柔道大会 女子個人ベスト8
 22. 8 全国中学校柔道大会 男女団体出場
 23. 8 全国中学校柔道大会 女子団体出場 男女個人ベスト8
 24. 8   全国中学校柔道大会  男子個人第3位
 24.11  旭川市PTA連合研究大会主管・会場校
 25. 4   旭川市授業力向上実践研究推進事業指定校
 25. 8 全国中学校柔道大会  男子団体出場
 26. 8 全国中学校水泳大会 女子400m・800m自由形出場
     全国中学校柔道大会 男子個人出場
 27. 6 体育館耐震工事(~9月)
 27. 8 全国中学校水泳大会 女子400m・800m自由形第6位

    全国中学校バレーボール大会 女子出場

            全国中学校柔道大会 男子個人出場

 28.8 全国中学校柔道大会 男子個人出場

            全国中学校水泳大会 男子400m・800m出場

            全国中学校人権作文コンテスト内閣総理大臣賞受賞

    全国中学校人権作文コンテスト感謝状受賞

 29.8    全国中学校柔道大会 男・女団体出場

 30.8    全国中学校柔道大会 男子団体・男女個人出場

                   女子個人3位

    全国中学校水泳大会  男子個人出場

 31.4    女子制服スラックス、男女混合名簿導入

           

校歌

校歌を聴く 

全校生徒による校歌斉唱(開校70周年を記念して~平成30年3月12日収録)

 

 

永山中学校校歌

                                        作詞 清水 重道

                                        作曲 信時  潔

 

一 研鑽三年弘大の  科学に挑む胸躍る

  見よ新しきわが叡智  高嶺と著く聳えなむ

  あゝ豪壮大雪の  雲吐くところぞ

  永中 その名 望みあり

 

二 勉励三年深遠の  思索に凝らす眼澄む

  見よ麗しきわが精神  流水と清く透りなむ

  あゝ洋々 石狩の  波寄るところぞ

  永中 その名 光あり

 

三 錬成三年春楡の  葉越しに響く鐘冴えて

  見よ逞しきわが四肢  沃野と広く展びゆかむ

  あゝ豊饒上川の  拓けし ところぞ

  永中 その名 力あり

             昭和26年(1951年)制定

本校の教育目標

時代を生き抜く健全な生徒の育成 

 ○探求の人   ○愛情の人   ○協調の人

 

 

         学校教育では、時代の変化や社会の要請、父母や教師の願い、生徒や地域の実態を把握し、21世紀を心豊か

                で逞しく生き抜く健全な生徒の育成を目指すとともに、変化の激しい時代を自らの手で切り開いていくことの

     できる基礎的基本的な能力を育成しなければならない。

                 また、変化の激しい時代であればあるほど、人間として失ってはならないものがあるはずである。それは、

                自ら課題を見つけ、考え、判断し、行動できる能力や資質を身に付けようと惜しみなく探求する人間、自らを

                律しつつ他人を思いやる心や美しいものに感動する心など、豊かな人間性やたくましく生きるための健康や体

                力の身に付いた愛情ある人間、そして、時代を超えて変わらない価値のあるものを大切にし、社会の変化に柔

                軟に対応し協調できる人間の育成が極めて大切である。

                   このような観点から、本校の教育目標を設定した。

                                                                                                (平成9年3月改訂)

                                                                                (平成13年3月解説挿入)

   

 

校訓    <聡  明>

 聡明.JPG

 

                 「聡」は聞かざるなく、「明」は見ざるなし。すべてをよく聞き、よく見る。

                                     そして外なる世界のみならず自分自身の声に素直に耳 を傾け、自分自身の

                                     姿を冷静に見つめる。

                                        そこに正しい理解力・判断力・実践力が身に付き、自主自立の精神が深め

                                     られる。

  • 1